開運は財布の整理から

2015年、新しい一年がスタートしました。
昨年は特別良い事もなかったり、あまり貯金ができなかったり、人によって思う事は様々です。
是非とも今年こそは良い一年だったと思えるようになりたいですよね。
まずは開運体質になっていく事が大事です。
でもどうすればいいのかわからない、という人でもまずできるのが財布を見直す事です。
使っていないクレジットカードがあればすぐに解約しましょう。
余計な物を持たない事が大切です。
また、お店のポイントカードなどがたくさん入っていませんか?
一度全てチェックしてみて下さい。
有効期限切れの物や、一年以上利用してないお店のカードは処分しましょう。
更に、レシートが財布内に溜まっていませんか?
捨ててしまうか、家計簿をつけているのならば別のファイルに保管しておくなどしましょう。
ここまで不要なものを処分してしまうと、随分と財布の中がスッキリし、スペースが空いてきたのではないでしょうか。
空きスペースがないとお金は入ってこなくなります。
また、こうして定期的に財布の中を整理し、使った金額などを把握しておく事で、今月無駄遣いしすぎたなぁ、などと支出を見直す事ができます。
こうした事を続ける事によって無駄遣いが減り、お金が貯まりやすくなっていくのです。
また、財布には二つ折りのタイプと長財布がありますが、できれば長財布を持つ事をお奨めします。
二つ折り財布だとお札を入れた時にどうしても折り曲げてしまいますよね。
長財布だとお札がグチャグチャに折れ曲がったりする事もなく、綺麗に財布に入れる事ができます。
お札を綺麗に扱うという事も大事なのです。
小銭がジャラジャラと多くなりすぎたら貯金箱に入れてちりつも貯金をするのも良いですよ。
お金の出入口である財布を常に整えておく事で開運体質になっていきましょう。

admin / 2015年2月8日 / Uncategorized

最強の開運術:引き寄せの思考法

開運と言えば日本でも風水や縁起物など、様々なものがありますが、私がここでご紹介したい方法に、引き寄せの思考法というものがあります。引き寄せの法則をご存知でしょうか?簡単に言うと「思い描いたことは現実化する」というものです。例えば、お金持ちになりたいとか、仕事で成功したい、憧れの職業に就きたい等。胡散臭いと思う方には、永遠に現実化しません。なぜなら、それもそういった現実(そんなことは現実には起こり得ないということ)を「引き寄せ」てしまっているからです。引き寄せのポイントは、負は負を引き寄せている、ということです。例えば、お金が欲しいと願っても、同時に「貧乏は嫌だ」という負の波長がそういった現実を引き寄せてしまうのです。では、どうすれば良いか。ポシティブになりたい姿を想像することです。そして、なりたい姿になった後の生活を想像して、幸せな気分になることです。これが結構やってみると難しいことが分かると思います。どうしても疑心暗鬼になっている自分がいますし、また現在の自分とは程遠いことを気付き余計に不幸せな感情を抱くかもしれません。スポーツ選手がメンタルトレーニングを行っているように、自分の気持ちをコントロールすることは予想以上に難しいのです。もし、自分の身に不幸せな出仕事が起これば「ほら、やっぱり引き寄せの法則なんて嘘なんだ」と思うかもしれません。コツは、不幸せな出仕事が起こったときに、「なんて自分は幸せなんだろう」と口に出して言うことです。そうすれば脳が勝手になぜ幸せなのかを考えてくれます。電車が目の前で扉が閉じてしまい行ってしまったときは、次からは5分早く出れば余裕を持って行動できるんだ、それを今学ぶことが出来た、と感じることができれば、次第にポシティブになれるのでは、と思います。お金を1円も使わずに試せるので、是非ともお試し頂けたら幸いです。

admin / 2015年2月8日 / Uncategorized

私の開運方法は…

私は、パワースポットや神社巡り、占いが、大好きでテレビやネットで口コミを調べては旅行する、予約するの繰り返しを5年間行いました。

本当に色々な神社なお寺に行きました。でも、あまり効果はなかったのと自分の作法など悪かったのかなと感じていました。神社やお寺は本来は願いを叶えるためではなく、こうします!と決意表明するところみたいです。開運というのは、何を開運と感じるか人それぞれだと思います。振り返るといいことがありますように、とか、1年間幸せに過ごせますようにと大まかに願うのではなく、仕事に就けますようにとか、結婚に繋がる相手と出逢えますようにとピンポイントで日々こうなるといいなと信じた方が効果がはっきりわかる気がしました。あと、これは一般論ですが必ず感謝と周りの人への優しさがあるかも、どうしても関係している気がします。

神社も相性があるので、皆が皆同じ効果を享受することはできないように思います。私が一番、効果があったのは自分の原点であるお墓参りに行き、まめに掃除をしたりお花を変えたりし、日々の感謝の気持ちを伝えました。確かに最初は開運したいと、ご先祖様を敬う気持ちより自分の下心がありましたが、下心があってもお墓参りは行って悪くなることは決してありませんでした。ご先祖様は自分の原点がある場所なので、一番自分をよく知っているのかもしれません。あとは、これは一番怖かった体験で、恥ずかしいですが、私は1人暮らしをしていた時、彼氏もいる身分でトイレ掃除を怠り真っ黒にしてしまいました。あり得ない有様で、引っ越す際に業者さんに掃除を依頼しました。その1年後に病気、転職、失恋が一気に起こりこれは、何をどう考えてもトイレの念だろうと思いました。以後、トイレ掃除とお墓参りは必ず念入りに行くようになりました。開運方法は、掃除とお墓参りです。参考になれば嬉しいです。

admin / 2015年2月8日 / Uncategorized

わたしの風水生活

去年家を購入しました。
新築ではなく、中古住宅です。

これから長い間過ごす空間を購入したんですから、どうせなら運気良い家にしたいものです。

風水は小さい頃から知っていました。
実家の母が風水に詳しく、実家にも風水に基づいた装飾や盛り塩などは常々置いてあり、風水は実家では当たり前のようにあったのです。

新築を建てるのであれば、自分なりの間取りというのも可能ですが、中古住宅となるとそうはいきません。
家の中心に立って、まずは方角の確認です。
幸い間取りはまぁ良し!といった感じです。

ウチは東側に玄関があります。
玄関は東側がいいなぁと思っていたのでこれは良し。やはり東は風水でもよいみたいです。
東と相性のいいカラーや生命感溢れるようなデザートの玄関マットを敷いています。
玄関は人が出入りする所なので、こまめにホウキでお掃除したりしています。
引っ越してすぐは常に生花を飾っていたのですが…猫の飼い始めたので断念。
(猫がすぐにお花を食べてしまうので)

私が1日の大半を過ごすリビング。
ウチは西にあります。
西に黄色!は鉄則ですよね。
お友達に教えたら、早速実行したそうです。
西のお部屋に小さな黄色い置物をしただけらしいんですが、すぐに効果があり臨時収入があったと喜んでいました。
私はあんまり黄色という色が好きではないので、黄色っぽいクリーム系の色で代用しています。

風水は良い運気を呼び込んだり、気持ちを落ち着かせたりする効果があるようですが、私は風水を取り入れると同時に、こまめに空気の入れ替えやお掃除も実践しています。
寒い冬に窓を開けるのは少し勇気がいりますけどね。

家族全員で行う行事としては、毎年1月1日に神社にお参りに行きます。
スピリチュアルの江原さんが訪れた場所で、テレビで放送されてからは参拝客もぐんと増えました。
ウチの娘はこの神社のご神木を触った後に、あるイベントに行ってくじを引いたら、2等賞が当たりびっくり!

これからも良い運気を呼び込んで、笑って過ごせる毎日を送りたいです。

admin / 2015年2月8日 / Uncategorized

開運と財布

私の開運になるお財布とは、まず見た目の美しさ、中身の清潔感だと思っています。見た目の美しさとは、財布の色や質です。もちろん、人それぞれの好みはあると思いますが、男性なら財布の素材、女性なら色が重要なのではというのが私の考えです。というのは、男性の場合、一般的に色はシンプルな人が多いと思います。たとえば、茶色、黒など。そこで、素材が重要だと思うのです。要は、品がある素材である方が、見た目に綺麗で、初めて会う人や仕事のパートナーとの食事でも出すことの多い男性には、上品な革製や光沢のあるあまり傷などが見えないような素材であってほしいです。財布でその人の印象、仕事での評価につながるかもしれないからです。女性の場合は、逆に、色んな素材であっても良いというか、むしろ素材よりは、色が開運につながる可能性が高いと感じます。女性にとって、小物、たとえば、バックや靴、財布、スカーフ、といったものは、いくつあっても良いという女性が多いと思います。その時の場面、時、会う人によって使い分けることが出来るので、色んな素材があるのが普通だと思うのです。色は、ただ、赤、黄色の原色や奇抜な色使いや柄物よりは、薄いピンクや控え目なゴールドやシルバー、白など、清楚な印象を与えるような財布が開運に良いのでは、と実体験から信じています。女性から見ても男性から見ても好まれる色。それが、その人の印象となり、良い印象を与えると良い絆、関係に結びつき、良い人間関係が築けるし、何より自分自身がピュアで誠実である自信と誇りを持つことが出来る気がします。そして、中身なのですが、これは男女共に、やはり、スッキリと整理されているものに限ります。カードが必要最低限である、レシートが散在していない、お札がきれいに揃っている、小銭を貯めない。これは、必須開運条件です。お金が心地よくなければ、すぐにお金は出て行くので、お金にとってまた泊りに来たいホテルのような役割が財布にはあると思うのです。

admin / 2015年2月8日 / Uncategorized